日米首脳、朝鮮民主主義人民共和国への圧力強化で一致 ミサイル発射受け電話会談

【AFP】安倍晋三首相は28日、アメリカのドナルド・トランプ大統領と電話会談を行い、弾道ミサイルを発射した朝鮮民主主義人民共和国への圧力強化で一致したと明らかにしました。
日米首脳、朝鮮民主主義人民共和国への圧力強化で一致 ミサイル発射受け電話会談 - ảnh 1         (写真:KCNA)

朝鮮民主主義人民共和国のミサイル開発をめぐり一段と緊張が高まっています。

電話会談は40分にわたって行われました。会談後、安倍首相は記者団に対し「直ちに国連安全保障理事会において緊急会合を開催し、朝鮮民主主義人民共和国に対して圧力をさらに強化をしていくこと」を確認したと明らかにしました。

朝鮮民主主義人民共和国への圧力強化に関して「日米の立場は完全に一致」しているとも語りました。

ご感想

他の情報