日韓 5年ぶり安保対話の再開へ

日本と韓国は外務・防衛当局による安全保障対話を4月の下旬に行なう方針で大筋合意しました。両国の外相は3月にソウルで会談を行ない、対話の早期再開を確認しており、実現すれば、歴史問題などで中断された2009年12月以来で約5年ぶりとなります。


日韓 5年ぶり安保対話の再開へ - ảnh 1
日韓 安保対話を再開「写真:ロイター)

外交筋によりますと、日韓関係は従軍慰安婦問題などで冷え込んでいますが、両政府は北朝鮮の核問題に対応する為、安保対話は必要であると判断しました。対話では東アジア地域をめぐる情勢認識をどこまで共有できるかが焦点になります。

日本からは外務省の伊原純一アジア大洋州局長と防衛省の局長級幹部が出席する予定で、韓国からはイ・サン・ドク外務省東北アジア局長らの参加が見込まれます。

ご感想

他の情報