旧正月テトの春の見本市が始まる


8日夜、ハノイで、2015年の旧正月テトの春の見本市が始まりました。会場には300の展示ブースが設けられたこの見本市は農業部門が貿易振興活動を行うため毎年開催するものです。これは国内の各企業、生産施設が製品を紹介したり、商標をピーアールしたりするチャンスとなります。この見本市組織委員会のダオ・バン・ホ委員長は次のように語りました。

(テープ)

「農業部門の困難を乗り越え、発展してゆく、消費市場の拡大は重要な任務です。そのため、見本市の開催を始め、貿易振興活動を行うのは大きな意義があります。また、この見本市がハノイと周辺に住む住民にとって、テトの買い物をするよい所となっています」

なお、農業部門のこの見本市は9日から9日間開催されています。

ご感想

他の情報