有権者登録所のモスクで爆発、14人死亡 アフガン東部

(CNN) アフガニスタン東部の都市ホストにあるモスク(イスラム教礼拝所)で6日、爆発があり、少なくとも14人が死亡、33人が負傷しました。
有権者登録所のモスクで爆発、14人死亡 アフガン東部 - ảnh 1        (写真:AFP/TTXVN)

モスクは10月の議会選挙に向けた有権者登録の会場になっていました。

爆発は午後2時20分に起きました。地元警察責任者がCNNに語ったところによりますと、自爆ではなく、モスク内部に爆弾が仕掛けられていたといいます。

現時点で犯行声明は出ていません。反政府勢力タリバーンは関与を否定しています。

アフガンの首都カブールでは4月30日、テレビ局のカメラマンを装った自爆犯によるテロがあり、記者9人が死亡したばかりです。過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が犯行声明を出しました。30日には南部カンダハル州にある宗教学校でも自爆テロが発生、生徒11人が死亡しましたが、犯行声明を出している組織はありません。

アフガン政府は今年2月末、タリバーンを合法的な政治組織として認める用意があると表明しました。タリバーン内部ではこれを受け、一部の派が和平交渉に関心を示していると伝えられたが、その後も各地でテロが相次いでいます。

ご感想

他の情報