朝鮮が飛しょう体を2回発射

(NHK) 韓国軍の合同参謀本部は6日朝早く、朝鮮民主主義人民共和国が南西部のファンヘ南道(黄海南道)から日本海に向けて、飛しょう体を2回、発射したと発表しました。朝鮮民主主義人民共和国による発射は、先月25日以降、これで4度目で、朝鮮民主主義人民共和国はアメリカと韓国が5日始めた合同軍事演習を強く批判しました。
朝鮮が飛しょう体を2回発射 - ảnh 1      (写真:Yonhap/TTXVN)

韓国軍の合同参謀本部は6日朝早く、朝鮮民主主義人民共和国が南西部のファンヘ南道から日本海に向けて、飛しょう体を2回、発射したと発表しました。

韓国では、大統領府のチョン・ウィヨン(鄭義溶)国家安保室長やチョン・ギョンドゥ(鄭景斗)国防相が午前7時半から会議を開き、対応を協議しています。

また、アメリカ・ホワイトハウスや国防総省の高官はNHKに対し「状況を引き続き注視するとともに同盟国である韓国と日本と緊密に協議している」というコメントを出しました。

何が発射されたかや飛行距離、高度などは、まだ明らかになっておらず、韓国軍はアメリカ軍とともに詳しい情報の収集や分析を急いでいます。

朝鮮民主主義人民共和国は、先月25日と31日、それに今月2日にも発射に踏み切っていましたが、アメリカのトランプ大統領は、距離の短いものであれば、問題視しない姿勢を示していました。

こうした中で、アメリカ軍と韓国軍は5日から合同軍事演習を開始し、両国はこれに強く反発する朝鮮民主主義人民共和国がさらなる挑発に出るのではないかと警戒と監視を強化していました。

この米韓合同軍事演習について朝鮮民主主義人民共和国外務省の報道官は6日朝、談話を発表し「われわれをねらった演習だ」と強く批判するとともに「われわれも新たな道を模索せざるをえなくなるだろう」と警告しました。

ご感想

他の情報