朝鮮キム委員長 ローマ法王の訪朝歓迎の考え 韓国大統領府

(VOVWORLD) -韓国大統領府は先月の南北首脳会談の際、朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王の訪朝を歓迎する考えを示していたことを明らかにしました。
朝鮮キム委員長 ローマ法王の訪朝歓迎の考え 韓国大統領府 - ảnh 1    フランシスコ法王= AFP/TTXVN
それによりますと、先月の南北首脳会談の際、ムン・ジェイン(文在寅)大統領は「ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、朝鮮半島の平和と繁栄に強い関心を持っている。一度、会ってみてはどうか」と提案したということです。

これに対し、キム委員長は「ピョンヤンを訪問すれば、熱烈に歓迎する」と述べたとしています。

これを受けて、ムン大統領は今月13日からのヨーロッパ歴訪でバチカンを訪ね、フランシスコ法王と会談する際、キム委員長からの訪朝を要請するメッセージを伝達する予定だということです。

ただ、アメリカ政府などは、朝鮮では信教の自由が侵害されていると指摘していて、ムン大統領がキム委員長の意向を伝えたとしても、法王の訪朝が実現するかどうかは不透明です。

ご感想

他の情報