朝鮮、日本海に射程の短い5発の飛翔体を発射

朝鮮、日本海に射程の短い5発の飛翔体を発射 - ảnh 1
(写真提供:TTXVN)
 
(ブルームバーグ)21日、朝鮮民主主義人民共和国は5発の短距離飛翔(ひしょう)体を日本に面する東側の海に向けて発射しました。

国連安全保障理事会は、弾道ミサイル発射を強行した朝鮮民主主義人民共和国に対する制裁を強化する決議を今月採択しました。

韓国の合同参謀本部がテキストメッセージで明らかにしたところによりますと、飛翔体は約200キロ飛行した後、海上に落下しました。朝鮮民主主義人民共和国は短距離弾道ミサイルやロケット発射装置の飛距離の向上に取り組んでいます。

朝鮮民主主義人民共和国は18日にも弾道ミサイルを発射しましたが、そのうちの一つは飛距離が800キロと推定されます。

ご感想

他の情報