朝鮮「朝鮮半島の平和と安全は米の態度に左右」

(VOVWORLD) -朝鮮民主主義人民共和国の国営メディアは、25日行われたキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長とロシアのプーチン大統領との首脳会談の結果を、26日朝、伝えました。

会談でキム委員長は、「朝鮮半島の平和と安全はすべてアメリカの今後の態度によって左右されるだろう」と述べ、今後の対応は、アメリカしだいだとする考えを示しました。

朝鮮民主主義人民共和国の国営メディアは、25日、ロシア極東のウラジオストクで行われたキム・ジョンウン委員長とロシアのプーチン大統領との初の首脳会談の結果を、26日朝、伝えました。

それによりますと、会談で、キム委員長は、「2回目のアメリカとの首脳会談で、アメリカが一方的で、善意のない態度をとったことで最近、朝鮮半島と地域の情勢がこう着状態に陥り、元に戻ることもありえる危険な状況になった」とロシア側に伝え、完全な非核化まで制裁を解除しないとする立場を崩さないアメリカを批判しました。

そのうえで、「朝鮮半島の平和と安全はすべてアメリカの今後の態度によって左右されるだろう。わたしたちはすべての状況に備える」と述べ、今後の対応は、アメリカしだいだとする考えを示しました。

また、キム委員長はプーチン大統領に朝鮮民主主義人民共和国訪問を要請し、プーチン大統領が受け入れたと伝えるなど、国営メディアは、ロシアとの友好関係を強調していて、アメリカをけん制した形です。

一方、プーチン大統領が話し合ったことを明らかにした6か国協議の再開について、キム委員長がどのような姿勢を示したかは触れられていません。

ご感想

他の情報