朝鮮核実験場閉鎖 現地入り拒否の韓国記者団を受け入れ

(NHK) 朝鮮民主主義人民共和国は、外国メディアに公開するとしている核実験場の閉鎖について、現地入りを拒んでいた韓国の記者団を一転して受け入れることを決めました。

一行は韓国政府の航空機で朝鮮民主主義人民共和国に向かうことになっています。

朝鮮民主主義人民共和国は、北東部ハムギョン(咸鏡)北道のプンゲリ(豊渓里)にある核実験場について、23日から25日の間に坑道を爆破するなどして閉鎖し、その模様を外国メディアに公開するとしています。

アメリカ、イギリス、中国、ロシアの記者団およそ20人は22日に朝鮮民主主義人民共和国入りし、東部ウォンサン(元山)で待機していますが、朝鮮民主主義人民共和国は、当初受け入れるとしていた韓国の記者団の名簿受け付けを拒んでいました。

ところが、韓国統一省によりますと、朝鮮民主主義人民共和国は23日朝、韓国の記者団8人の名簿を受け取ったということです。

これについて、統一省のペク・テヒョン(白泰鉉)報道官は23日午前の定例記者会見で、「遅くはなったが幸いに思う。閉鎖の公開を契機に米朝首脳会談などさまざまな対話を通じて、朝鮮半島の完全な非核化が速やかに実現することを願っている」と述べて歓迎しました。
韓国の記者団は韓国政府の航空機でウォンサンに向かうことになっています。

朝鮮民主主義人民共和国は、先週予定されていた南北の閣僚級会談を一方的に中止するなど、韓国を非難する姿勢を強めていて、今回、記者団の受け入れをぎりぎりまで拒んだのも韓国への揺さぶりの一環と見られます。

ご感想

他の情報