朝鮮民主主義人民共和国 核安保サミットを非難=「米は敵視政策撤回を」

【ソウル聯合ニュース】朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮中央通信は28日の論評で、米ワシントンで31日(現地時間)から開催される核安全保障サミットについて、「米国は時間を無駄にしないで対朝鮮敵対視政策の撤回など現実的な案を見つけるべきだ」と主張しました。

朝鮮民主主義人民共和国 核安保サミットを非難=「米は敵視政策撤回を」 - ảnh 1
(写真:AFP)

論評は「世界最大の核保有国である米国が核安全首脳会議を行うこと自体が言語道断で、世界の平和と安全を望む人民の念願に対する厳重な冒涜(ぼうとく)」と非難しました。

サミットには韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領や米国のオバマ大統領、中国の習近平国家主席、日本の安倍晋三首相ら約50カ国・地域の首脳が出席します。

ご感想

他の情報