朝鮮民主主義人民共和国でミサイル試験場解体の動き 米研究グループ分析

(NHK)朝鮮民主主義人民共和国の動きを衛星写真で分析しているアメリカの研究グループは、朝鮮民主主義人民共和国が、北西部にあるミサイル試験場で施設の一部を解体する動きを始めたと発表しました。研究グループは「朝鮮民主主義人民共和国がアメリカとの信頼を構築するうえで重要な動きだ」としています。
朝鮮民主主義人民共和国の動向を分析しているアメリカの研究グループ「38ノース」は、23日、朝鮮民主主義人民共和国北西部ピョンアン(平安)北道トンチャンリ(東倉里)にあるソヘ(西海)衛星発射場の最新の衛星写真の分析結果を発表しました。

それによりますと、今月20日に撮影された写真では、事実上の弾道ミサイルを組み立てるための四角い大型の構造物の周りに、クレーンなどが確認されました。
そして、その2日後の写真では、構造物の一部が解体され近くの地面に置かれているのが確認されたとしています。

また、弾道ミサイルのエンジンの燃焼実験施設でも、実験用のエンジンを備え付けるための垂直の構造物の大部分が取り壊され、土台を残すのみになっていると指摘しています。

朝鮮民主主義人民共和国のミサイル施設をめぐっては、さきの米朝首脳会談で、トランプ大統領は、朝鮮民主主義人民共和国が主要なミサイル試験場を取り壊すことを約束したとしていましたが、これまで、具体的な動きは確認されていませんでした。

研究グループは「この施設は朝鮮民主主義人民共和国の大陸間弾道ミサイル開発で重要な役割を果たしてきたと考えられているだけに、朝鮮民主主義人民共和国がアメリカとの信頼を構築するうえで重要な動きだ」としています。
関連ユース

ご感想

他の情報