朝鮮民主主義人民共和国「米国は傲慢」 米韓の制裁合意に反発

【ソウル=山田健一】朝鮮民主主義人民共和国の対韓国宣伝用のウェブサイト「わが民族同士」は9日、「米国の傲慢な態度は全同胞の民族的義憤を呼んでいる」とアメリカを非難する論評を発表しました。
朝鮮民主主義人民共和国「米国は傲慢」 米韓の制裁合意に反発  - ảnh 1   ニッキー・ヘイリー氏(写真:THX/TTXVN)

米韓が朝鮮民主主義人民共和国に対する経済制裁の履行や南北経済協力事業などについて話し合う作業部会の設置で合意したことに反発しました。

論評は「米国は北南協力事業に乗り出すことができないように韓国を恒常的にけん制してブレーキをかけ、いつでも破綻させようと下心をのぞかせている」と主張しました。制裁の緩和や南北経済協力の具体化が進まない状況にいらだちを示しました。

朝鮮民主主義人民共和国は8日にニューヨークで予定していた金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長とポンペオ米国務長官の会談を延期しました。

ご感想

他の情報