朝鮮民主主義人民共和国、「西海衛星発射場」の解体停滞か 38ノース分析

(jp.sputniknews.com)米ジョンズ・ホプキンズ大の朝鮮民主主義人民共和国分析サイト「38ノース」は22日、朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮民主主義人民共和国)西部にあるミサイルエンジン実験場「西海衛星発射場」の解体作業が停滞しているとの分析を発表しました。

「38ノース」は商業衛星写真をもとに8月3日以来、大きな進展がみられないと結論付けました。同サイトは7月、朝鮮民主主義人民共和国は、「西海衛星発射場」の主要施設の解体を開始したと報じていました。一方、8月16日撮影の衛星写真によりますと、除去された部品は周囲に積み重なったままになっています。

「西海衛星発射場」は中国との国境近くにあり、平壌からは北西に200キロ、寧辺の大規模な核施設からは西に70キロに位置しています。

ご感想

他の情報