朝鮮 核実験場を「23日から25日に廃棄」

(VOVWORLD) -朝鮮は先に表明した核実験場の廃棄について、今月23日から25日の間にアメリカなどの報道機関を現地に招いたうえで、坑道を爆破するなどして行うと発表しました。史上初の米朝首脳会談を来月に控え、朝鮮半島の非核化に向けた姿勢をアピールする狙いがあるとみられます。
朝鮮 核実験場を「23日から25日に廃棄」 - ảnh 1  豊渓里にある核実験場=38 North/TTXVN

朝鮮民主主義人民共和国は先月の朝鮮労働党中央委員会総会で、北東部ハムギョン(咸鏡)北道のプンゲリ(豊渓里)にある核実験場を廃棄することを決めています。これについて、朝鮮外務省は12日夜、国営テレビを通じて、「今月23日から25日の間に天候を考慮しながら行う」と発表しました。

具体的には、「核実験場のすべての坑道を爆破して崩落させ、入り口を完全に閉鎖したあと、地上にあるすべての観測施設と研究所などを撤去する順序で行う」としています。さらに、「警備の人員と研究者を撤収させ、周辺を完全に閉鎖する」として、廃棄のため徹底した措置をとることを強調しています。

朝鮮外務省は同時に、「核実験場の廃棄を透明性をもって示すため」として、そのもようをアメリカと韓国のほか、中国、ロシア、イギリスの報道機関に公開することを明らかにしています。公開にあたっては中国・北京から東部のウォンサン(元山)を空路で結ぶ臨時便を運航し、ウォンサンにプレスセンターを設けるなど、取材の便宜を図るとしています。

ご感想

他の情報