「未来の仕事」で作業部会   G7雇用相会合

【共同】カナダ・モントリオールで開かれたG7=先進7カ国のイノベーション(技術革新)・雇用相会合は28日、未来の仕事の在り方について調査・分析する「雇用タスクフォース(作業部会)」の設置を盛り込んだ議長総括を取りまとめ、閉幕しました。

日本からは経済産業省の大串正樹政務官が出席しました。6月に首脳会議(サミット)を開催し、雇用政策での一層の連携強化を図る考えです。

作業部会は今秋から稼働し、G7の各国政府、国際機関のほかジェンダー(社会的・文化的性差)の専門家らも参加する予定です。提言をまとめ、G7議長国に提出します。

 

ご感想

他の情報