朴大統領「北核解決し平和統一へ


朴大統領「北核解決し平和統一へ - ảnh 1
朴大統領(写真:Telegraph)

朴槿惠(パク・クネ)大統領は27日、「平和統一の基盤を構築していくことに最善を尽くす。このために解決すべき課題がまさに北朝鮮核問題」と話しました。

朴大統領は同日、韓国大統領府で国家安保諮問団の初会議を主宰しました。「今後政府は南北関係の非正常的な慣行を正し、朝鮮半島信頼プロセスを通して常識と国際規範に適った正常な南北関係を築いていく」としたうえで、このように述べました。

朴大統領は「今日は6カ国協議が始まって10年目となる日。過去10年の努力にもかかわらず北朝鮮の核開発は依然として進行中であり、朝鮮半島はもちろん東北アジアと世界平和に大きな脅威となっている」と話しました。

さらに「これまでに朝鮮半島周辺の全ての指導者が交代し、北朝鮮の核実験と開城工団事態など様々な困難が多々あったが、原則を守り一貫した政策を推進してきた。

最近、南北関係が多少進展を見せているが、相互に信頼を高め朝鮮半島の恒久的平和へとつながるようにするのが新政府の希望」と強調しました。

ご感想

他の情報