東アジア、覚せい剤防止対策に関する経験を交換

(VOVWORLD) -29日午前、ハノイで、覚せい剤防止対策に関する東アジア諸国の経験交換をテーマとしたシンポジウムが開幕しました。
東アジア、覚せい剤防止対策に関する経験を交換 - ảnh 1 国連麻薬犯罪事務所の代表

シンポジウムで、ベトナム麻薬防止対策委員会副事務局長を務めるホアン・アイン・トゥエン大佐は、世界と東アジア地域で覚せい剤関連犯罪が複雑に推移していると明らかにし、地域各国は覚せい剤との戦いで協力を強化する必要があると述べました。

一方、国連麻薬犯罪事務所の代表は、各国は覚せい剤関連犯罪に関するデータベースを構築した上で、他の国との情報交換を強化する必要があるとの見解を示しました。

30日まで行われるこのシンポジウムでは、東アジアの覚せい剤の密輸と乱用状況、及び、その対策について話し合われる予定です。

 

 

ご感想

他の情報