東海線道路の朝鮮民主議人民共和国側区間を点検 韓国の実務者が訪朝

【ソウル聯合ニュース】南北鉄道・道路の連結・近代化事業の着工式を間近に控え、朝鮮半島東側の東海線道路の朝鮮民主議人民共和国側区間を現場点検する韓国側実務者約10人が21日午前に朝鮮民主議人民共和国へ向かいました。

統一部と国土交通部の課長級を共同団長とする点検団は、23日まで高城から元山までの約100キロの道路を点検し、韓国に戻ります。24日に再び訪朝し、朝鮮半島西側の京義線道路の一部も調べる計画です。

統一部は、今回の点検は調査のための装備を持たない「現場訪問」の意味合いが強いと説明しています。

南北は朝鮮民主議人民共和国・開城にある板門駅で26日、京義線・東海線の鉄道と道路の連結・近代化に向けた着工式を開催します。

鉄道については、今月17日までに京義線と東海線の朝鮮民主議人民共和国側区間に対する南北共同調査をいずれも終えています。一方、道路については8月に京義線の共同調査を行いましたが、東海線の共同調査日程はまだ決められずにいます。着工式が迫っていることから、東海線道路については共同調査の代わりにひとまず現場点検を行うことで南北が合意した可能性があります。

ご感想

他の情報