核軍縮、米大統領の任期中に道筋つけられるか


核軍縮、米大統領の任期中に道筋つけられるか - ảnh 1
広島市の平和公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花したオバマ大統領= AP


アメリカのオバマ大統領は27日、広島市の平和公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花して、黙とうをささげ、その後、被爆者の代表などを前に所感を述べました。
この中でオバマ大統領は「71年前、雲ひとつない晴れた朝、空から死が降ってきた。世界は一変した。せん光と炎の海がひとつの都市を破壊し、人類が、みずからを滅ぼしうる手段を作り出したことが明らかになった」と述べるなど、繰り返し核兵器の残虐さに言及しました。
そして、「核兵器を保有するアメリカをはじめとする国々は、恐怖の論理から脱する勇気を持ち、核兵器のない世界を追い求めなければならない」と述べ、核兵器廃絶に向けた決意を表明したうえで、国際社会に核軍縮と核の不拡散に取り組むべきだと訴えました。
核軍縮はアメリカとロシアの対立などで進んでおらず、オバマ大統領が就任して去年までの7年間に、アメリカが削減した核兵器の数は、合わせておよそ700発と、冷戦終結後の歴代政権のなかで最も低い水準にとどまっています。
就任当初から望んでいた広島訪問を実現させたオバマ大統領にとって、残り8か月を切ったみずからの任期中に、停滞している核軍縮の進展に向けて具体的な道筋をつけることができるのかが、今後の課題となりそうです。

ご感想

他の情報