欧州委、ベトナム水産物への警告を延期

(VOVWORLD) - ECは、「今後もベトナムはIUU防止対策をより精力的に実施する必要がある」との結論を出ししました。

既にお伝えしましたように、先ごろ、EC=欧州委員会の検査団は、ベトナム入りして、ECがベトナム産水産物に対しIUU=違法・無報告・無規制漁業の防止対策が不十分として提示した警告(いわゆるイエローカード)を克服するためのベトナムの措置の実施状況を視察しました。

その結果、ECは、「今後もベトナムはIUU防止対策をより精力的に実施する必要がある」との結論を出し、その警告期間を2019年1月まで延長することを決定しました。また、これを克服するための39件の勧告を提案しています。これに関し、農業農村開発省は、沿海各地方や、関連各企業、機関に対し、漁業管理措置などを強化していくよう要請しています。

水産物総局のグエン・クアン・フン副総局長は次のように明らかにしました。

(テープ)

「解決すべき問題は4つあります。1つ目はIUU防止対策のための法的枠組の完備。2つ目は各地方の漁船管理と水産物の原産地究明の強化。3つ目は冷凍海産物を運ぶ船舶の管理の強化。4つ目は違反行為の取締の強化です。」

関連ユース

ご感想

他の情報