欧州諸国はイランに圧力を イスラエル首相と米高官

【共同】イスラエル訪問中のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は20日、ネタニヤフ首相とエルサレムで会談しました。
欧州諸国はイランに圧力を イスラエル首相と米高官 - ảnh 1         (写真:CBS News)

会談に先立ち行われた記者会見で、両氏はイランの核兵器保有を阻止することが最優先課題と主張し、イラン核合意の存続を目指す欧州諸国に対してイランへの圧力を強めるよう求めました。

ネタニヤフ氏は「中東の平和と安定を求める全ての国は(核合意から離脱した)米政権に続くべきだ」と強調しました。ボルトン氏は「イランによる核兵器と弾道ミサイルの開発を阻止するためには強力な措置が必要だということを欧州の同盟国は理解すべきだ」と語りました。

ボルトン氏はイスラエル訪問後、ジュネーブでロシアのパトルシェフ安全保障会議書記と会談する予定です。イラン情勢などを話し合うといいます。

ご感想

他の情報