死者110人に キューバの旅客機墜落 ブラックボックスを回収

(NHK)キューバの首都ハバナの空港で、国営のクバーナ航空の旅客機が離陸直後に墜落した事故で、キューバ当局は、死者が110人に上ったことを明らかにするとともに、事故現場から、操縦室での会話などが収録されたブラックボックスを回収して、事故の詳しい原因を調べています。
死者110人に キューバの旅客機墜落 ブラックボックスを回収 - ảnh 1        (写真:ロイター)

キューバの首都ハバナの空港で18日正午すぎ、キューバ東部の都市オルギンに向かっていた国営のクバーナ航空が運航する、ボーイング737型機が離陸直後に墜落しました。

この事故について、キューバのイスキエルド運輸相が19日に会見し、墜落した旅客機には乗客乗員合わせて113人が搭乗し、このうち、大けがを負って病院で手当てを受けている3人のキューバ人を除く110人が死亡したと発表しました。

搭乗していた113人は、100人以上がキューバ人だったほか、メキシコとアルゼンチン、それにアフリカ出身者だということです。

また、イスキエルド運輸相は、事故現場から操縦室での会話などが収録されたブラックボックスを回収したことも明らかにし、事故の原因を詳しく調べているとしています。

ご感想

他の情報