民族委員会作業グループ、フーイエン省を訪問

12日午後、民族委員会のザン・セオ・フ委員長率いる作業グループは、フーイエン省を訪問し、民族政策の実施状況を視察しました。
同省の指導者らとの会合で、フ委員長はフーイエン省、特に山岳地帯の村、県に対し、少数民族への持続的な貧困解消に関する決議を作成すると同時に、2020年までに貧困家庭が基本的に存在しないという目標を掲げるよう求めました。また、フ委員長はフーイエン省は民族政策をさらに良好に実施する必要があると述べました。

ご感想

他の情報