民謡「ビとザムを人類の無形文化遺産に認定される証明書を受領

民謡「ビとザムを人類の無形文化遺産に認定される証明書を受領 - ảnh 1

1月31日夜、中部ゲアン省、ビン市でゲアン省とハーティン省人民委員会は共同でゲーティン省の民謡「ビとザム」が人類の無形文化遺産として認定されるUNESCOの証明書を受領する式典を行いました。式典にはグエン・シン・フン国会議長、トン・ティ・フォン国会副議長、ウオン・チュ・リュ国会副議長、グエン・スアン・フック副首相、ブ・ドク・ダム副首相らが列席しました。

式典で、発言に立ったブ・ドク・ダム副首相は次のように語りました。

(テープ)

「我々は力を合わせ、ゲーティン省の民謡「ビとザム」をはじめ、人類の貴重な遺産を保存、発揮し、ベトナム文化を人類文明の中に溶け込ませることを狙っています。また、祖国ベトナムの建設、防衛事業と国民が豊かで、強固な国、民主、公平、文明的な社会づくりに精神的基盤をつくった上で、ベトナム文化を永遠に保存するため、力を尽くしましょう。」

一方、UNESCOハノイ事務所のカテリヌ・ミュラー・マリン所長は民謡「ビとザム」を人類の無形文化遺産として認定するよう、申請する資料は関連の5つの基準を満たし、無形文化遺産保護条約政府間委員会により高く評価されたと明らかにするとともに、ゲアン省とゲーティン省の行政と住民に対し、この民謡の価値をさらに発揮するため、適切な措置を取るよう希望を表明しました。

これに機に、文化スポーツ観光省のホアン・トゥアン・アイン大臣は「ビとザム」の価値の保存・発揮を目指す国家行動計画を発表しました。

 

 

 

ご感想

他の情報