汚職防止対策指導委員会第8回会議


28日、ハノイで、グエン・フー・チョン党書記長の主催のもと、汚職防止対策中央指導委員会第8回会議が開催されました。


汚職防止対策指導委員会第8回会議 - ảnh 1
(写真:Tri Dung)

会議の報告によりますと、指導委員会の第7回会議以来、汚職防止対策活動はすべての分野、部門、機関、地方で積極的に進めています。特に、汚職防止対策活動に対する各レベルの党委員会と行政の指導や、関連各機関の監視が強化されています。これにより、複数の深刻な汚職事件が摘発・処理されているとしています。

席上、チョン書記長は「これまで、汚職防止対策活動は多くの結果を収め、法的枠組の整備が進められ、関連各区間の協力体制も強化されている」と評価した上で、「今後も、公安部門や、検察部門、裁判部門は連携を強化す縷々必要がある。また、汚職防止対策に関する教育宣伝を促進する必要がある」と強調しました。

 

ご感想

他の情報