汚職防止対策指導委員会 第16回会議

(VOVWORLD) - 26日午前、ハノイで、グエン・フ・チョン党書記長・国家主席の主宰の下、汚職防止対策指導委員会の第16回会議が開催されました。
汚職防止対策指導委員会 第16回会議 - ảnh 1会議で発表しているチョン党書記長・国家主席 

会議で発言に立ったチョン書記長・国家主席は、党と国家が精力的に展開している汚職との戦いは国民から高い好評を受けていると述べたものの、全国各地と各部門の汚職防止対策をさらに強化しなければならないと要請しました。また、腐敗に関わった全ての幹部を断固として取り除くとともに、ベトナム祖国戦線や報道機関など社会全体の力を汚職との戦いに活用する必要があると明らかにしました。チョン氏は次のように語りました。

(テープ)

「汚職との戦いをストップさせ、または、中途半端にやることは決してありません。これは、革命事業の要求であり、国民の願望でもあるから、やらなくてはいけません。もし、汚職との戦いをする決意を固めない幹部がいるならば、自発的に辞職した方がいいと思います。こうした決意を部下に伝えなければなりません。」

このように語ったチョン書記長・国家主席はまた、重大な汚職事件は勿論、些細な不正利益を求める「小さい汚職行為」に効果的に対応するよう求めました。

ご感想

他の情報