海と島の主権宣伝会議

 22日午前、ホーチミン市祖国戦線委員会は会議を開催し、ベトナムの海と島の主権の宣伝活動と党と国家の民族政策を紹介しました。


海と島の主権宣伝会議 - ảnh 1

会議ではベトナムの海と島の潜在力と強みが紹介された他、東部海域の現状や海と島の主権保護を目指す解決策が報告されました。また、少数民族に対する党と国家の優遇政策も紹介されました。

ホーチミン市第9区にあるムジャヒディン・イスラム教会管理委員会のハジ・イサ・ウモ委員長は次のように語りました。

(テープ)

「この会議は意味深いものです。礼拝儀式で5分~10分間に教徒たちにベトナムの海と島の主権や党と国家の民族政策について説明し、彼らに祖国の海と島に対する責任感を芽生えさせることが狙いです。また、教徒たちに対し、経済発展に励み、親愛なるチュオンサのための基金に寄付するよう呼びかけます。」

ご感想

他の情報