混乱続くベネズエラ 大統領は選挙のやり直しを拒否

(NHK) -政治的な混乱が続く南米ベネズエラのマドゥーロ大統領は、テレビのインタビューで、ヨーロッパなどが求めている大統領選挙のやり直しについて拒否する考えを示しました。
混乱続くベネズエラ 大統領は選挙のやり直しを拒否 - ảnh 1    マドゥーロ大統領= AFP/TTXVN

南米のベネズエラでは、独裁を続けるマドゥーロ大統領に反発し、暫定大統領への就任を表明したグアイド国会議長がアメリカの支援を受ける一方で、中国やロシアがマドゥーロ大統領を支持し、国際社会を巻き込んで混乱が広がっています。

こうした中、マドゥーロ大統領は3日までにスペインのテレビのインタビューに応じ「ベネズエラには1人の大統領しかいない。もう1人いるというのは幻だ」と述べました。

そのうえで、ヨーロッパなどが求める大統領選挙のやり直しについて「去年5月に正式な選挙を終えている。ベネズエラは独立国家であり、いかなる国の干渉も受けない」として拒否する考えを示しました。

また、アメリカについては「ベネズエラをイラクやリビアのようにしようとしている。もし攻めてきたら、ベネズエラを守らなければならない」と述べて、軍事的な介入も排除しない考えを示すトランプ大統領をけん制しました。

一方、グアイド国会議長に対し「外国の操り人形となって国を破壊することはやめるべきだ」と述べて、今後、法律に基づいて処分されるという見通しを示しました。

マドゥーロ大統領は強気の姿勢を崩していませんが、ベネズエラでは、グアイド国会議長が今月12日にも大規模な反政府デモを呼びかけていて、混乱が広がっています。

ご感想

他の情報