無人機撃墜「故意とは信じ難い」 トランプ大統領

(VOVWORLD) -ワシントン(CNN) 米軍の無人機がペルシャ湾付近でイランに撃墜された問題について、アメリカのトランプ大統領は20日、ホワイトハウスで記者会見して「故意だったとは信じ難い」と述べ、事態を重大視しない姿勢を示しました。
無人機撃墜「故意とは信じ難い」 トランプ大統領 - ảnh 1       (写真:AFP/TTXVN)     

トランプ大統領はこの数時間前のツイッターへの投稿では、「イランは非常に大きな過ちを犯した!」と述べていました。

イラン革命防衛隊は、撃墜された無人機がイランの領空を侵犯したと発表しています。これに対してトランプ大統領は記者会見の中で、無人機は公海の上空を飛行していたと強調しました。アメリカの対応や、戦争になるかどうかについて質問されると「いずれ分かる」と答えました。

一方で、「恐らくイランが過ちを犯したのだろう。将軍か誰かが間違って無人機を撃墜したのだと想像する」「故意だったとは信じがたい。いいかげんで愚かな誰かの仕業だったのだと思う」と述べ、無人機は武器を搭載しておらず、パイロットもいなかったと強調しました。「とても愚かな行動だった」と繰り返しました。

さらに、今回の状況は「全て収束するだろう」と述べ、2020年に迫った米大統領選挙を念頭に、「こうした果てしない戦争から脱したい」という前回の選挙戦の公約を繰り返しました。

無人機の撃墜は、中東情勢の一層の緊迫化につながりかねない。当局者がCNNに語ったところによりますと、20日の事態を受けてトランプ大統領は、ポンペオ国務長官やペンス副大統領らと対応を協議しました。

ご感想

他の情報