独仏首脳が会談 ユーロ圏共通予算創設で一致

(asahi.com)ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は19日、ベルリン近郊で会談し、ユーロ圏のための共通予算を創設することで合意しました。
独仏首脳が会談 ユーロ圏共通予算創設で一致 - ảnh 1         (写真:ロイター)

28、29日に予定されているEU=欧州連合首脳会議で提案し、2021年からの実施を目指します。規模などは今後、加盟国間で詰めますが、マクロン氏がEU改革の柱に掲げていた政策が実現に向けて大きく動き出すことになりました。

ユーロ圏の共通予算は失業率の高い国に投資することで社会的な安定を図るとともに、産業の競争力を高めるのが狙いです。マクロン氏が昨年、提案していましたが、他国への財政移転を懸念するドイツは消極的な姿勢を示していました。各国の財政支出や資本取引に対する課税などが財源になる見通しです。

マクロン氏は会見で「ユーロ圏に新たな一章を開いた」と語りました。メルケル氏は「域内の経済的な結束を高めるために全力を尽くす」と語りました。

メルケル氏は3日付のドイツ紙のインタビューで、数百億ユーロ規模の共通予算の創設に同意する意向を示していました。従来はユーロ域内の「財政規律」を重視してきましたが、高い失業率を背景にイタリアなどで反EUの機運が高まりつつあることから、対策が必要と判断したとみられます。両首脳は財政面で危機に陥った国にお金を貸す基金「ESM=欧州安定メカニズム」の機能を強化することでも合意しました。

また、両首脳は難民問題についても議論を交わし、域外との国境管理を強化することや、欧州で共通の受け入れ態勢を整える必要性などで一致しました。

ご感想

他の情報