「独立、主権、領土保全を尊重すべき」=サン主席

 「独立、主権、領土保全を尊重すべき」=サン主席 - ảnh 1
写真提供:ロイター


28日午後、第70回国連総会の枠内で平和維持活動に関する首脳会議が行なわれました。席上、チュオン・タン・サン国家主席は「ベトナムは2014年から国連平和維持活動に参加している国としてこの会議に出席する。工兵部隊や連絡仕官、参謀仕官を早期に派遣する」と明らかにしました。

また、サン主席は国連に対し、今後、国連平和維持活動を効果的に進めるため、各国の独立、主権、領土保全の尊重、内政不干渉という原則を堅持するとともに、臨機応変の対応能力を向上させ、平和維持部隊の安全保障を最大限に確保するよう要請しました。

さらに、国連平和維持活動に対する人的物的資源の提供に関する公約を厳格に履行しなければならないとしています。

 

ご感想

他の情報