病院船「マーシー」、中部ニャチャン港に寄港

(VOVWORLD) - 17日、災害救援などを行っているアメリカ海軍の病院船「マーシー」は、中部ニャチャン港に寄港し、6月2日までの「太平洋パートナープログラム2018」を開始しました。

病院船「マーシー」、中部ニャチャン港に寄港 - ảnh 1

同日午後、在ホーチミン市アメリカ総領事館、及び、「マーシー」の指揮官は記者会見を行い、「太平洋パートナープログラム2018」の主な内容を紹介しました。

ニャチャン市に滞在期間中、アメリカ海軍の士官と兵士はニャチャン市にある病院と連携して、地元住民に診断や、病気治療を行う他、砂浜で応急手当を行います。

なお、「太平洋パートナープログラム」は、世界で最も壊滅的な自然災害の1つである2004年12月の南・東南アジアの一部を壊滅させた津波に対応して開始されたものです。このプログラムがベトナムで展開されるのは今年で13年目となっています。

ご感想

他の情報