「祖国・母親ベトナムを誇りに思う」芸術公演

(VOVWORLD) - 8月革命とベトナム独立記念日74周年、「ベトナム傷病軍人戦没者の日」72周年、盂蘭盆会にあたり、10日夜、ハノイで、「祖国・母親ベトナムを誇りに思う」と銘打った文芸公演が行われました。
「祖国・母親ベトナムを誇りに思う」芸術公演 - ảnh 1

この文芸公演はベトナム仏教協会とVOV=ベトナムの声放送局の共催により開かれました。この公演は、国の独立のため、身を捧げた英雄烈士や先人に感謝の気持ちを表わすと共に、仏教の真髄や伝統的道徳の価値を顕彰するためのものです。仏学研究所の副所長であるティク・ティン・タム( Thich Thien Tam) 上座は次のように語りました。

(テープ)

「この芸術番組は若い世代に、親たちの恩を報いるため、道徳的、かつ、人文的な生活を送れるようというメッセージを送りたいのです。親たちは多くの困難を乗り越えて、私たちを育ててきたからです。盂蘭盆にあたり、人々は親たちに尊敬の意を表わす必要があります。」

これより前に、同文芸公演の組織委員会は北部山岳地帯ハザン省にある戦没者共同墓地とカオバン省のチュク・ラム・タ・ルン寺で国の独立のため犠牲になった戦没者と英雄烈士の冥福を祈る式典を行いました。

ご感想

他の情報