福島県沖を震源とする地震 宮城や福島で震度5弱

(VOVWORLD) -4日夜に福島県沖を震源とする地震が発生し、宮城県や福島県で震度5弱を観測するなどしました。

午後7時23分に福島県沖を震源とするマグニチュード6.4の地震が起きました。宮城県石巻市と亘理町、福島県双葉町で震度5弱を観測したほか、仙台市青葉区や栃木県那須町で震度4を観測するなどしました。この地震で福島県相馬市の夏祭り会場の屋台でフライヤーの油がはね、男性(42)が手と足に軽いやけどをしました。JR東日本によりますと、地震の影響で山形新幹線が福島−米沢駅間の上下線で運転を見合わせたほか、新庄−福島駅間の上下線に遅れが出るなどしました。気象庁によりますと、地震は東日本大震災の余震で、「今後1週間は最大震度5弱程度の地震に注意してほしい」と呼び掛けています。

ご感想

他の情報