「第9回ベトナムの集い」閉幕

17日午前、中部ビンディン( Binh Dinh) 省クイニョン( Qui Nhon)市で7月28日から開催されてきた「第9回ベトナムの集い」というイベントが閉幕しました。

このイベントには、ノーベル物理学賞受賞者5人を含む200人の科学者が、世界30の国と地域から参加しました。これは、ベトナムの科学者と世界各国の科学者が経験や研究成果などを交換できる良いチャンスとなっています。会議の開催期間中、天文衛星プランクによる宇宙の年齢、一般相対性理論と重力及びナノ物理学に関する国際科学会議のほかに、国際科学教育センターの落成式が行なわれました。

「第9回ベトナムの集い」閉幕 - ảnh 1


イベント提唱者のチャン・タン・バン( Tran Thanh Van) 教授は次のように語りました。

 (テープ)

「私たちが若者を始め、ベトナムの人々に「基礎科学はベトナムの未来にとって重要な役割を担っている」というメッセージを送りたいのです。私たちが最も期待しているのは、ベトナムの若手科学者の研究活動に便宜を図るためのメカニズムを打ち立てたいということです。」

今回の「ベトナム集い」の目玉の一つは国際科学教育センターの誕生です。このセンターはクイニョン市の、20ヘクタールの敷地に建設されました。このセンターで、世界の著名な科学者が研究活動の成果や意見の交換などを行う事が出来ます。

ご感想

他の情報