第1回ベトナムグローバル若手知識人ファーラム 閉幕

(VOVWORLD) - 29日、ベトナム中部ダナン市で、第1回ベトナムグローバル若手知識人フォーラムが2日間の議事日程を終え、閉幕しました。
第1回ベトナムグローバル若手知識人ファーラム 閉幕 - ảnh 1 フォーラム参加者による記念写真

フォーラムで、STEM教育を通じて、第4次産業革命の要求に応えられるような人材育成を促進させることや、環境保護と気候変動対応に第4次産業革命のメリットを活用すること、生産・経営活動のイノベーションを促進させることなどが集中的に討議されました。なお、STEMとは理数系の「Science(科学)」「Technology(技術)」「Engineering(工学)」「Math(数学)」の頭文字を組み合わせた、アメリカの造語で、それぞれ、理数系の柱となっている学問です。STEM教育について、ベルギーで博士コースを受けているチャン・ゴック・ソンさんは次のように語りました。

(テープ)

「政府は、小学校から大学までのSTEM教育の基準を構築する必要があります。それぞれの教育レベルに適用される具体的な基準は重要です。そして、STEM教育に対する社会全体の認識を向上させることがとても重要です。社会全体がSTEM教育の重要性を認識できるようになれば、社会全体のリソースを動員することが出来ると思います。これは国の教育に画期的な改革をもたらすでしょう。」

開幕式典で、フォーラムの開催に当たったホーチミン共産青年同盟中央委員会のレー・クォック・フォン第1書記は、ホーチミン共産青年同盟は国内外の若手知識人のつながりを強化するために全力を尽くしていると述べ、次のように語りました。

(テープ)

「私たちは国内外の若手知識人に、国が何を必要としているのか、どんな発展方向に向いているのかという情報を速やかに提供できるようにしています。これらの情報に基づいて、若手知識人は自分の知識や経験を活かしてアイデアや対策などを出すことができると思います。これは国の発展に貢献するでしょう。」

なお、フォーラムを機に、ベトナムグローバル若手知識人ネットワークが誕生しました。

ご感想

他の情報