第10回メコン・ガンジス川協力外相会議

(VOVWORLD) -ミン氏は2020年はメコン・ガンジス川協力設立20周年を記念することから、これはその協力を新しい発展段階に押し上げる時期であると述べました。
第10回メコン・ガンジス川協力外相会議 - ảnh 1   ミン副首相兼外相(写真:baoquocte.vn)

1日午後、タイのバンコクで開催中のAMM52=第52回ASEAN外相会議と関連各会合に合わせて、第10回メコン・ガンジス川協力外相会議がファム・ビン・ミン副首相兼外相とインドのスブラマニアム・ジャイシャンカル外相の共催により、開催され、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイの外相が参加しました。

会議で、ミン氏はこれまでのメコン・ガンジス川協力を高く評価すると共に、メコン川流域に対するインドの支援に感謝の意を表明しました。ミン氏は2020年はメコン・ガンジス川協力設立20周年を記念することから、これはその協力を新しい発展段階に押し上げる時期であると述べました。

また、ミン副首相兼外相は東西経済回廊やインドとの南部経済回廊の拡大、インド・ミャンマー、タイを結ぶ高速道路の拡大など今後の協力における優先課題を提案しました。

会議の終了にあたって、外相らは共同宣言、2019年~2022年のメコン・ガンジス川協力に関する行動計画を採択した他、次回の会議が2020年にベトナムで開催されることで一致しました。


ご感想

他の情報