「第10回欧州・越ドキュメンタリー映画祭」開催

(VOVWORLD) -5月31日から6月9日にかけて、ハノイで、「第10回ヨーロッパ・ベトナムドキュメンタリー映画祭」が開催されます。
「第10回欧州・越ドキュメンタリー映画祭」開催 - ảnh 1

今回の映画祭では、ベトナムのほか、オーストリア、ベルギー、フランス、デンマーク、ドイツ、イスラエル、スペイン、スイス、チェコ、イギリスなど海外10か国のドキュメンタリー映画25点が上映されます。特に、ドイツが制作したドキュメンタリー映画の「アンゲラ・メルケル:驚くよりも」が今回の映画祭の注目を集めています。ナショナル・ドキュメンタリー・サイエンティフィック・フィルム会社の芸術担当副社長チン・クアン・トゥン( Trinh Quang Tung) 氏は次のように語りました。

(テープ)

「特に、今回、ドイツの首相をテーマにしたドキュメンタリーが期待されています。これは今回の映画祭の新しい点です」

今回の映画祭にはベトナムの若い監督の多くの映画も上映されます。その中で、“産後うつ”など社会の関心事をテーマにした映画が国内外の専門家により高く評価されています。

ご感想

他の情報