第13期国会第11回会議が始まる


第13期国会第11回会議が始まる - ảnh 1
(写真提供;tienphong.vn)

21日、ハノイで、第13期国会第11回会議が開幕しました。開幕式にはグェン・フー・チョン共産党書記長、チュオン・タン・サン国家主席、グェン・タン・ズン首相、グェン・シン・フン国会議長を始め、革命功労者、国会議員、ハノイ駐在各国の外交団と国際組織の代表多数が参加しました。

開会演説で、グェン・シン・フン国会議長は今回の国会会議の重要な意義を強調し、次のように語りました。

(テープ)

「今国会で、2015年の経済社会と国家予算の実施状況の追加報告書、2011年~2015年までの発展計画の実施状況、2016年~2020年までの経済社会発展計画を検討する他、情報入手法案、国際条約締結加盟実施法改正案、報道法改正案、子ども保護ケア教育法改正案、薬事法改正案、付加価値税法改正案、特別消費税法改正案、関税管理法案、輸出入法改正案を討議、採択する予定です。」

その後、グェン・スアン・フック副首相は2015年の経済社会の実施状況の追加報告書、2011年~2015年までの発展計画の実施状況、2016年~2020年までの経済社会発展計画を発表しました。また、祖国戦線中央委員会幹部会のグェンティンニャン議長は国会に寄せられた有権者の意見をまとめる報告を読み上げました。



国会、報道法改正案を審議

21日午後、ハノイで開催中の第13期国会第11回会議では、報道法改正案が討議されました。席上、この改正案が報道界の役割を高めることを高く評価する意見が相次ぎました。また、6章と62条を含めるこの改正案は報道活動を十分に反映しているとしています。

一方、議員らは、「報道機関とジャーナリストの活動に便宜を図るために政府は優遇措置をとる必要がある」とも指摘しています。南部ティエンザン省選出フイン・バン・ティン議員は次のように述べています。

(テープ)

「報道活動を阻止する行為や、報道機関とジャーナリストへの情報提供を違法に拒否する行為、報道機関に正しくない情報を提供することなどに対する処罰措置を定めるよう提案します。また、ジャーナリストへの暴行罪を処罰し、その行為に刑事責任を問う項目も盛り込む必要があります。」

さらに、「ソーシャルネットワークが迅速に発展しているに伴い、各報道機関は厳しい競争に直面し、財政面で大きな問題を抱えている」との意見も出されました。これに関し、ホーチミン市選出のドアン・グエン・トゥイ・チャン議員は次のような見方を示しています。

(テープ)

「各報道機関が期待するのは、政府の丸抱えではなく、政府が報道機関の財源づくりのために有利な条件を作り出すことだといえます。そのため、報道機関の財源に関し、具体的に規定する必要があります。」

また、報道機関の設立や、解散に関する具体的な規定を盛り込むようとの意見も相次ぎました。



ご感想

他の情報