第2四半期ユーロ圏GDPは前期比+0.3%、リセッションから脱却

EU 欧州連合統計局が発表した第2・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)速報値は前期比0.3%増で、長期にわたったリセッションから脱却しました。ロイターがまとめた35人のエコノミストによる予想は0.2%増でした。


第2四半期ユーロ圏GDPは前期比+0.3%、リセッションから脱却 - ảnh 1

リセッション脱却まで7四半期かかったことになります。スペインのGDPは0.1%縮小したほか、イタリアとオランダのGDPは共に0.2%減少し、域内で景気回復がまだら模様であることが裏付けられました。支援を受けたポルトガルでは1.1%のプラス成長となっており、ユーロ圏の中で最も高い伸びを記録しています。

ユーロ圏のGDPは前年同期比で0.7%減少しています。市場予想は0.8%減でした。

ご感想

他の情報