米で銃乱射 4人死亡 去年ホワイトハウス近くで逮捕の男の犯行か

(NHK) -アメリカ南部の飲食店で22日、銃の乱射事件があり、地元の警察によりますと、4人が死亡、2人がけがをし、警察は容疑者と見られる男の行方を追っています。この男は、去年7月にホワイトハウス近くで逮捕されたことがあり、その際に押収されたライフル銃が現場に残されていたということで、警察は事件に至る経緯を詳しく調べています。
米で銃乱射 4人死亡 去年ホワイトハウス近くで逮捕の男の犯行か - ảnh 1       (写真: express.co.uk)

地元の警察によりますと、アメリカ南部 テネシー州ナッシュビルの飲食店で22日午前3時すぎ、男がライフル銃を乱射し、4人が死亡、2人がけがをしました。
近くに住む29歳の男の車が現場に残されていたことなどから、警察は、この男が車で乗りつけ、銃を乱射したと見て行方を追っています。

男は去年7月、首都ワシントンのホワイトハウス近くの立ち入り制限区域に侵入して逮捕されたことがあり、その際、4丁のライフル銃や拳銃が押収されました。
これらの銃はその後、警察から男の父親に返却され、このうちのライフル銃1丁が今回の現場に残されていたということで、警察は返却された銃が使われたと見て、事件に至る経緯を詳しく調べています。

警察は、男がまだ複数の銃を持っている可能性があるとして住民に注意を呼びかけています。

事件のあったテネシー州では去年9月にも銃の乱射事件があり、今回、再び乱射事件が起きたことを受けて、地元の市長は銃規制の強化を訴えています。

ご感想

他の情報