米の連邦最高裁判所 入国制限の大統領令を支持

(NHK)アメリカの連邦最高裁判所は、トランプ大統領がテロ対策として出した、中東などからの人の入国を制限する大統領令を支持し、トランプ大統領は「大勝利だ」と歓迎しました。

米の連邦最高裁判所 入国制限の大統領令を支持 - ảnh 1      (写真:Funfinance.net)

トランプ大統領は去年、テロ対策の一環として、シリアやイランといった中東などの一部の国からの人の入国を制限する大統領令を出しましたが、「イスラム教徒に対する差別だ」として訴えられ、一時、執行が差し止められるなど議論を呼んできました。

これについて、アメリカの連邦最高裁判所は26日、大統領が国を守るため必要とした場合、入国を制限する権限があるとして支持する判断を下しました。

これを受けてトランプ大統領はホワイトハウスで「アメリカの国民と憲法にとって大勝利だ。われわれはタフになり、安全を確保しなければならない」と述べて歓迎しました。

連邦最高裁判所は、9人の判事のうち1人が死去し、トランプ大統領が保守派の判事を指名したことで、現在は判事の過半数を保守派が占めていて、今回、5対4で、この判断が示されました。

ただ、野党民主党は「トランプ政権による偏見は容認できず、われわれは闘い続ける」とする声明を発表したほか、連邦最高裁判所の前では抗議集会が開かれるなど反発も出ています。

ご感想

他の情報