米テキサス州で銃乱射 死者20人に 21歳の白人の男拘束

(VOVWORLD) -アメリカ南部テキサス州の商業施設で3日、銃撃事件が発生し、これまでに20人の死亡が確認されました。この事件で地元の警察は21歳の白人の男を拘束し、動機などについて捜査しています。

3日午前10時ごろ、テキサス州のエルパソにある「ウォルマート」などの大型小売店が集まる地区で男が銃を乱射しました。

地元の警察が記者会見をして明らかにしたところによりますと、これまでに20人の死亡が確認され、少なくとも26人がけがをしたということです。

現場で拘束された容疑者はテキサス州出身の21歳の白人の男で、動機などについて捜査しているということです。

事件が起きたとき現場にいた男性は「大勢の人が『銃撃だ』と叫びながら逃げていて、銃声が駐車場から店のほうに向かってくるのが聞こえた。他の人たちとコンテナの中に隠れていた」と話していました。(NHK)


ご感想

他の情報