米、ロシアをWTO提訴へ 鉄鋼アルミ関税への対抗措置は違反と主張

[ロイター] - アメリカは29日、アメリカの鉄鋼・アルミニウムへの関税措置に対抗してロシアが導入した米製品に対する特別措置はWTO=世界貿易機関規則に反するとして、WTOに申し立てを行いました。

米、ロシアをWTO提訴へ 鉄鋼アルミ関税への対抗措置は違反と主張 - ảnh 1       (写真:Itar-Tass)

アメリカはロシアの対抗措置について、アメリカからの輸入品のみを対象としていること、税率がWTO加盟国に許容されている上限を超えていることを挙げ、WTO規則に反していると主張しています。

ロシアは7月、アメリカが鉄鋼・アルミニウム輸入の制限措置を発動したことを受け、アメリカから輸入される一部工業製品に25─40%の追加関税を課すと表明しました。

ペスコフ大統領報道官は記者団に対し、アメリカにはWTOに提訴する権利がある一方、ロシアもあらゆる手段を用いて対抗していくと述べました。

申し立てから60日以内に問題が解決しなければ、アメリカは裁判の一審に当たる紛争処理小委員会(パネル)の設置をWTOに要請できます。

関連ユース

ご感想

他の情報