米ロ、シリア空爆に伴う安全飛行調整で近く最終合意か

米ロ、シリア空爆に伴う安全飛行調整で近く最終合意か - ảnh 1
(写真:RIA Novosti)



アメリカ主導の有志連合とロシアによる空爆が続くシリア情勢に関連し、アメリカとロシア両国がシリア上空での軍用機の安全飛行確保の手順についての了解覚書作成で最終合意に近づいていることが15日までにわかりました。

アメリカ政府当局者がCNNに明らかにしました。作成が完了する時期には触れませんでしたが、「間近」と述べました。別の政府当局者は、覚書では過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の空爆に加わる有志連合国の全ての航空機が対象になると語りました。

覚書では技術的な問題では意見の一致を見たとし、残っている問題は最終文案の表現での最終的な詰めとも述べました。

両国の国防当局者は14日、3回目のビデオ電話会議を開き、シリアでの空軍機の安全飛行促進のための協議を行っていました。アメリカ国防総省のデービス報道官は文書声明で、この協議では進展があったと述べました。


ご感想

他の情報