米ロ、閣僚級協議で確認

9日、ワシントンで、アメリカとロシアは2プラス2=外務・防衛閣僚級協議を開催しました。シリアのアサド政権と反体制派による国際会議の開催、朝鮮半島の非核化などに向け実務レベルで 対話を続けていくことを確認しました。

米ロ、閣僚級協議で確認 - ảnh 1
(写真:Getty Images)

アメリカ政府高官は同日、米ロ両政府は軍事演習での協力拡大といった「実務的な問題の協力では明確な合意を得た」との協議の成果を強調しました。朝鮮民主主義人民共和国やイランの核開発問題、アフガニスタン情勢などで協力を継続することでも合意しました。

協議ではアメリカのケリー国務長官がCIA元職員のスノーデン容疑者の一時亡命をロシア政府が受け入れたことを批判しましたが、ロシアのショイグ国防相は協議後の記者会見で「ロシアの法律に沿って処理しただけだ。米ロの戦略的な関係を脅かす問題ではない」と反論し、首脳会談を見送ったアメリカ側の対応を批判しました。

ご感想

他の情報