米ロ首脳会談、来春ヘルシンキで開催の可能性=現地紙

(ロイター) -政府関係者は会談の日程の調整に着手しているということです。

アメリカのトランプ大統領が来春、ロシアのプーチン大統領と再びヘルシンキで会談する可能性があると、現地紙「へルシンギン・サノマット」が10日、関係筋の情報として報じました。

政府関係者は会談の日程の調整に着手しているということです。

フィンランドのニーニスト大統領は、米ロ首脳会談開催の可能性についてはコメントを差し控えたものの、アメリカ外の会談開催に向けた関心は高まっていると語りました。

トランプ大統領とプーチン大統領は7月、ヘルシンキで首脳会談を開催しました。

ご感想

他の情報