米ロ首脳、G20サミット出席時に会談=ロ大統領補佐官

[ロイター] - ロシアのプーチン大統領は今月末にアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に出席する際、アメリカのトランプ大統領と会談します。

ロシアのウシャコフ大統領補佐官が2日、明らかにしました。

これに先立ち両首脳は11日にパリで開かれる第1次世界大戦終結100周年の記念式典に出席する際に会談しました。7月にフィンランドのヘルシンキで行われた会談以来、両首脳は初めて顔を合わせることになります。

ウシャコフ補佐官は、11日の会談は短いものになりますが、アルゼンチンで行われる会談は「長く、実質的な」ものになると述べました。

この件に関して、米ホワイトハウスは今のところコメントしていません。

アメリカのボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は今週、プーチン大統領の来年の訪米を正式に求めたことを明らかにしています。

ご感想

他の情報