米上院、オバマケア廃止先行法案を否決 

【ワシントン=小雲規生】アメリカ上院は26日、トランプ大統領が公約として掲げる医療保険制度改革(オバマケア)改廃に向けた審議で、共和党が提案したオバマケア廃止を先行させる法案を採決しましたが、45対55の反対多数で否決されました。

米上院、オバマケア廃止先行法案を否決  - ảnh 1         (写真:EPA/TTXVN)

否決された法案は2年間の移行期間を設けたうえで、オバマケアを廃止する内容です。移行期間中にオバマケアに代わる医療保険の仕組みを協議することが狙いでした。しかし採決では民主党議員全員に加え、共和党からも7人の反対が出ました。

共和党指導部は今後も5月に下院を通過した改廃法案を土台とした修正法案を次々に採決にかけて落としどころを探る考えです。オバマケアが定める個人の保険加入義務や医療機器への課税などだけを撤廃する「限定的なオバマケア廃止」が実現可能性がある着地点とされていますが、先行きは見通せていません。

ご感想

他の情報