米中経済対話 具体的な成果示せず

(NHK)アメリカと中国の閣僚レベルの経済対話が19日、ワシントンで開かれ、アメリカ側が協議終了後に出した声明では、貿易の不均衡を是正する姿勢で一致したとしているものの、中国から割安の鉄鋼製品が輸入されている問題には触れておらず、具体的な成果を示すことはできませんでした。

米中経済対話 具体的な成果示せず - ảnh 1        (写真: AFP/TTXVN)

アメリカのトランプ政権と中国政府の経済対話は19日、アメリカのムニューシン財務長官とロス商務長官、中国の汪洋副首相が出席してワシントンで開かれました。

ロス商務長官は協議の冒頭、「より公正な方向に両国の貿易関係を見直す必要がある。これには厳しい取り組みが求められるだろう」と述べ、アメリカの貿易赤字のおよそ半分を占める中国との間の貿易不均衡の是正に向け、具体的な対応を求める姿勢を強調しました。これに対し、汪洋副首相は、米中が対立すればお互いに損害になるとして両国の協力が最善の道だと答え、アメリカの姿勢をけん制しました。
当初、協議の終了後、両国がそれぞれ会見を開く予定でしたが、いずれも中止となりました。アメリカ側は協議終了後、声明を発表し、「中国はアメリカの貿易赤字を削減することが共通の目標だと認めた」として、貿易不均衡を是正する姿勢では一致したという認識を示しました。ただ、中国で過剰生産された割安の鉄鋼製品がアメリカへ輸入されている問題には触れておらず、不均衡の是正に向けた具体的な成果を示すことはできませんでした。

今後、トランプ政権が、核・ミサイル開発を続ける朝鮮民主主義人民共和国への対応で中国の協力姿勢を見極めながら、割安の鉄鋼製品などへの関税を大統領権限で引き上げる異例の輸入制限措置に踏み切るかどうかなど、今回の協議を踏まえどう対応するか注目されます。

ご感想

他の情報